横田歯科医院 神奈川県川崎市多摩区登戸2178 アンビエンテ1F 一般診療 小児歯科 口腔外科 インプラント TEL : 044-933-3675



かみ合わせ治療

かみ合わせ治療は、上下の歯を正常に接触させ、肩こり、腰痛、頭痛などの身体の不調も整える治療です。
かみ合わせは、全身の健康状態をバランスよく保つために、重要な役割を果たしています。症状としては、「肩こり」「首回りのコリ」「腕の痛み」「目のかすみ」などがあります。かみ合わせの位置がずれていると、筋肉には常に緊張が生じるため、体調不良の原因となります。



顎関節症について

顎関節症とは、あごの関節周辺に「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などの何らかの異常がある状態を指します。
障害がおきる原因としては、顎関節部にある筋肉の緊張によるものと、器質そのものの障害がある場合が考えられます。
そのほかに、心理的原因によっても、顎関節症が起こることが知られています。
顎関節症は、子供から高齢者まで幅広くみられる病気ですが、特に20歳代前半と40〜50歳の女性に多い病気であることがわかっています。



顎関節症の自己チェック

これらの症状がいくつかあると顎関節症の可能性があります。


あごが痛い

顎関節および周辺の頬やこめかみの痛み。口の開け閉め、食べ物を噛む時など、あごを動かした時に痛むのが特徴です。

口を大きく開けられない

正常な人は縦に指三本分入る(40〜50o)が、指が2本程度(30mm)もしくはそれ以下しか入らない。 あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、顎関節の異常で口が大きく開けられない場合とがあります。

あごを動かすと音がする

あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」音がする。「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合もあります。 症状が音だけの場合は顎関節症予備軍といえます。

かみ合わせに違和感がある

あごの関節や筋肉に問題があると、あごの動きに変化が生じて噛み合わせが変わることがあります。

顎関節症の治療法

歯の詰め物の噛み合わせを修正するマッサ−ジ療法(関節周囲の筋肉をほぐす)。薬物療法(筋肉を和らげる薬や鎮痛薬等)。
スプリント(マウスピース、狭くなった関節を広げて前方転位した関節円板を戻しやすくする)をはめる。
関節内を薬液で直接洗浄する、内視鏡で関節内を調べる(これは入院が必要になります)。等です(すべて保険適応内)。

横田歯科医院
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2178 アンビエンテ1F
044-933-3675

Copyright (c) Yokota Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com