横田歯科医院 神奈川県川崎市多摩区登戸2178 アンビエンテ1F 一般診療 小児歯科 口腔外科 インプラント TEL : 044-933-3675



インプラントと他の治療法の違い

ブリッジ

ブリッジは複数の人工歯を両隣りの歯で固定する治療法です。
ブリッジの最大の問題点は、1ヶ所の歯の治療のために、両隣りの大切な健康な歯の大部分を削らなくてはならないことです。
両隣りの歯に負担をかけブリッジを支えるため、大切な健康な歯の寿命は、ますます縮まります。
この他、歯根のない歯茎は噛むことによる刺激がないため、次第にやせて隙間ができます。
また、隙間に食べ物が溜まりやすくなり、虫歯だけでなく歯周病や口臭の原因となります。
ブリッジは保険を適用できますが、実際は、歯を削るリスクの方が大きく、もしもこの選択によって、健康な両隣りの歯を失ってしまった場合、結果として、より多くの治療費を支払わなければなりません。


部分入れ歯

部分入れ歯は、バネと人工の歯が一体となった取り外し式の義歯です。
使用の際は、バネを両隣りの歯や、歯全体に掛けて装着しますが、不安定なために、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入り込み噛むときに痛みを感じたり、堅い物や弾力のある物が噛みにくいなど、食事が制限されます。
また、常に違和感、異物感がある、発音しにくい、舌、頬、唇を噛むなど問題が多く出てきます。
食事ごとに入れ歯の洗浄が必要で、洗浄をしないと口臭、虫歯、歯周病の原因となります。
バネは、見た目を損なうだけでなく、両隣りの健康な歯を傷つけます。
同時に、両隣りの歯が入れ歯を支えるため、これらの歯への負担が大きく、大切な健康な歯の寿命を縮めてしまいます。
また、歯を失った部分の歯茎が減少してしまうため、健康に生えている本来の歯の位置や発音も乱れてしまいます。
つまり、部分入れ歯がさらなる入れ歯を生み、気づけば総入れ歯になっていた。こうした例は決して珍しくはありません。


総入れ歯

総入れ歯は支えるところがどこにもないので当然安定しません。
入れ歯がぐらつき、ずれたりするので痛みが出たり、硬いものが噛めません。
歯茎を覆う部分が大きいので味や熱がわからないなど問題があります。
また歯茎がやせたら作り直さないといけません。


横田歯科医院
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2178 アンビエンテ1F
044-933-3675

Copyright (c) Yokota Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com